BIOGRAPHY

kiho

岐阜県出身のシンガーソングライター。

切なくも力強い歌声にのせて、等身大の気持ちをはじめ、想像力を働かせた繊細な世界観の楽曲を歌っている。


2013年7月より神戸あかりとして活動を開始するが、心機一転のために2021年3月で神戸あかりとしての活動を終える。

2021年9月よりkiho(キホ)に名義を変え新たな気持ちで再出発。

2022年9月には一周年となる節目にkihoとしては初めてのワンマンライブを行い大成功におさめる。

同年10月から3曲のデジタルシングルをリリースすることを発表し、

第一弾「words」(10月23日リリース)

第二弾「Osmanthus」(11月22日リリース)

第三弾「someday」(1月31日リリース)   の3曲をリリースする。

12月にもリリースを記念したワンマンを行い2022年を締めくくる。


今年2023年4月15日にデジタルリリースしたシングル3曲を含めた10曲を収録する

1stアルバムをリリースすることが決定し、同日にリリースを記念したレコ発企画も決定。